淡い初恋の話でもしてみるわ
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月18日(月) 22時41分37秒
まあ、暇な人は聞いていけや
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月18日(月) 22時42分31秒
うん
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月18日(月) 22時44分38秒
イチローは一人重病に伏した少女を見舞った。
大のイチローファンだったその子に、「早く元気になってほしいな。僕にできる事は無いかい?」と問いかけた。
少女は少し考えた後、「明日の試合でホームランを打って!」と答えた。
イチローは、「打率の事を一切考えなくていいなら・・・HR30本とかっていう数字はイメージは出来ますよね。別にホームランを打ってもいいんですけど、打者としては確率の高い方を選びますよね。」
そう答えると静かに病室を去った。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月18日(月) 22時45分04秒
もういいや。
投稿者 メール
(゚Д゚) <