九州の警察怖い。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 03時10分24秒
2004年3月24日、福岡県北九州市八幡西区引野口で火災が発生。焼け跡から58歳男性の遺体が発見された。
その後、別件でこの男性の妹が逮捕され、4ヶ月以上勾留されたが、この女性は殺人・放火については一切認めず、また女性の関与を裏付ける物的証拠も出てこなかった。しかし検察は殺人・放火の罪でこの女性を起訴。
自白も物的証拠も無いなかで、主な根拠となったのが、勾留中同房になった女性が被告から聞いたという「証言」だった。

「被告女性は私にメモで『私は殺したことを認めます』と書いた」、
「また被告女性は『実は兄を合計2回刺している。兄の首を刺した後に胸を刺した』とも話していた」。
そんな同房女性証言をもとに再鑑定したところ被害者の首に生前時の刺創が見つかり、これが「秘密の暴露」であるとして、検察側は逮捕・起訴に至ったのである。

しかし、公判では、この同房女性をめぐって数々の疑問が浮かび上がってくる。
警察が行った同房女性の捜査報告書には「(被告が同房女性に)『凶器はフランスで購入したアーミーナイフであると話した』と供述しているが、突拍子も無いことを言うので調書を作成しなかった」と記載。
別の捜査報告書には「私、頑張って話を聞きだしました」と警察に迎合している姿が残されている。

また、兄の殺害を告白したとされるメモについても弁護側は、同房女性が
「性格判断をするのでこの文面でメモを書いてほしい」と被告に話し、無理矢理メモを書かせたと指摘。
公判を通して、警察がこの女性をいわば「スパイ」として利用した疑いが出てきたのだ。
さらに被害者の死因に関して「秘密の暴露」にあたるとされた鑑定結果や被告が放火したとされる時系列にも数々の疑問点が浮上している。

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 03時12分25秒
国家の犬め!
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 03時22分19秒
鹿児島の次は福岡か?
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 03時23分28秒
しかし、公判では、この同房女性をめぐって数々の疑問が浮かび上がってくる。
警察が行った同房女性の捜査報告書には「(被告が同房女性に)『凶器はフランスで購入したアーミーナイフであると話した』と供述しているが、突拍子も無いことを言うので調書を作成しなかった」と記載。
別の捜査報告書には「チータス 童貞」と警察に迎合している姿が残されている。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 03時24分35秒
・別件逮捕の理由が死亡後兄の預金を勝手に引き出した窃盗の罪、しかし兄の後見人が助言しての行動でただの濡れ衣
・犯行時刻の時系列にかなり無理がある、使用したとされる乗用車も無いはずの時間にガレージで目撃証言あり
・不審な男の目撃情報あり、被害者宅に入って行き5分後くらいに出てきて自転車で消えた、直後に火災発生
・検死に疑いあり、火災発生当時に息があった形跡が見られるも、前日の刺殺を死因にするために強引な検死結果が採用されている
・証言した女は窃盗と覚醒剤で逮捕、嘘つきで信用ならない人物との知人の証言多数
・被告女性の拘留先が2度変わるが同じく証言者の女も移動され同じ房に入り続けた
・証言者の女は8件の余罪を問われていたが、結局は1件だけ立件され執行猶予付きで釈放済み


どうですか?
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 08時35分56秒
いいんです北九州だから。
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 19時56分13秒
おまえら無視か
8投稿者:(゚棒゚)  投稿日:2007年06月11日(月) 20時47分13秒
北九州ならしょうがない
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 20時55分56秒
そんなもんなのかやはり。
10投稿者:社会人@筑豊生まれ  投稿日:2007年06月11日(月) 20時57分44秒 ID:gorgSlr1
しょうがないというか普通だろ?
全てが腐ってる所だから
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月11日(月) 22時49分10秒
スパイまで使って犯人をでっちあげるメリットは
一体何なのか。
真犯人は警察の身内か?
投稿者 メール
(゚Д゚) <