木々高太郎の「新月」の真相
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月08日(金) 01時15分03秒
読んでみたけどまったく分からん
月蝕っていう解決編もあるそうだけど、
結局どういうことなのか誰か説明してくれ
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年06月08日(金) 01時22分59秒
『新月』(木々高太郎)  五十代の細田圭之助氏は、二十代の若妻斐子(あやこ)を熱愛するが、斐子には若い恋人がいた。ある夜、斐子は箱根の湖で泳いでいて、細田氏の目の前で溺れる。細田氏の心の奥底には、「ここで斐子が死ねば、斐子を若い男に奪われるのではないかという心配はなくなる」との思いがあり、救いを求める斐子を、無意識のうちに見殺しにする。
投稿者 メール
(゚Д゚) <