喫煙、40歳男性で寿命3・5年縮める…厚労省研究班調査
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年05月09日(水) 09時47分01秒
たばこを吸う男性は、吸わない男性に比べて40歳以降の余命が約3・5年短くなることが、厚生労働省研究班(研究班長・上島弘嗣滋賀医大教授)の
大規模な疫学調査でわかった。
 寿命に対する喫煙の影響が、具体的な数値として明らかになったのは国内で初めて。喫煙対策の重要性を示す研究として注目される。
 1980年に、全国300か所の保健所で健診を受けた男女約1万人(平均年齢約50歳)を対象に、喫煙習慣の有無や喫煙量を質問し、
1999年まで追跡調査。亡くなった約2000人の年齢と喫煙習慣から平均余命を算出した。
 その結果、80年時点でたばこを吸っていた男性の場合、40歳時の平均余命は38・6年で、吸わない男性の42・1年に比べ、3・5年短かった。
1日に2箱以上吸う男性の余命は38・1年で、非喫煙者との差が4年に拡大した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000101-yom-soci

3.5年って大したこと無いな 我慢しないで吸った方が良さそうだ
投稿者 メール
(゚Д゚) <