腐れ厨房(゚腐゚)
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年05月03日(木) 04時33分30秒
こいつってあれだよな
2投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年05月03日(木) 04時39分15秒
したあと・・・高円寺へ・・・
中央線の高架下(?!)の路地を行くこと数分・・・
環七通りのチョット手前に小さなお店はありました。
「饅頭(まんとう)」のお店、高円寺「まんまるまんとう」というお店です。
今回のは確か「ぶたまんとう」\180だったような・・・
(珍しく(?!)あやふやなのは、金額より名前よりおいしかったから?)
肉汁たっぷりで染み出しそうですッ!
チョット小ぶり(?)かもしれませんが満足の味ッ!美味しッ!
http://blog41.fc2.com/k/kurosawa/file/P1010437.jpg
JR高円寺駅北口を出て右へ、高架沿いに歩き、
環七を渡って小道をまっすぐ。目的地へはあと少しッ!
営業時間11時30分〜21時
住所:杉並区高円寺北1−4−1
電話:03−3389−3120
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年05月03日(木) 04時40分36秒
カロビで一番のアレ
4投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年05月03日(木) 04時49分57秒
子供のころに山の木の下で牛に蹴られ、軽い知的障害を持った娘は東京へ出て「リリイ・カルメン」という名前でストリッパーになっていた。彼女が、同僚の踊子「マヤ朱美」と故郷の信州の田舎町に帰ってくる。村の男たちはうわべで彼女をおだてて、ストリップ興行を行うが、彼女の親や学校の先生は恥かしいやら悲しいやらで・・・

[編集] キャスト
リリイ・カルメン…高峰秀子
校長先生…笠智衆
5投稿者:こうは  投稿日:2007年05月03日(木) 04時54分25秒
それ見てえな
6投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年05月03日(木) 04時59分12秒
日本初の総天然色映画。56年前ですから著作権切れで千円ぐらいでDVD出てもよさソなんにです。
7投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年05月03日(木) 05時07分47秒
お菓子用脱酸素材の開発から、偶然生まれました。油を多く含むお菓子は酸化しやすいので脱酸素剤が必要。そこである日、鉄を酸化させて酸素を消費する脱酸素剤の効率をあげるために大型のものをつくっていると、非常に熱くなっていることがわかったのです。この科学反応を応用したのが、ホカロン研究開発のきっかけとなりました。
ホカロンが温まる秘密は、鉄のさびです。
鉄はさびる時に酸化熱を出します。ホカロンは、そのメカニズムを利用しているのです。
8投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2007年05月03日(木) 05時11分52秒
 この修辞法でもその日本的な美意識のあり方を守っている。ここでいう修辞法は美の感覚を美のベクトルとして修辞法の形で捉えようとしている。実に文学的な表現だが、それでいいと考えている。
 ここで問題としている黄金比はペニスの寸法についての美のルールなのだが、或る医学書にペニス勃起時の平均寸法のデータを見つけたのである。偶然なのだろうけれど、勃起時のペニスの長さと円周が同じだという単純な法則である。平均なのだからここでは絶対的な美を探しての結果ではなく、 偶然見つけたいいプロポーションと気楽にユーモアとして理解していただきたい。これもまた修辞法の一つと数えたい。
http://www.designtope.net/shujihou/40.htm
投稿者 メール
(゚Д゚) <