六大学野球
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年04月08日(日) 06時03分43秒
早稲田大学と、慶応義塾大学が野球の試合でガチンコで学生や野球ファン同士が
殴り合いの喧嘩をして(球場とかで)、「お前なんかと一生野球やらね!」

と喧嘩別れして数年間野球をしなかったが、明治大学(弁護士学校)が
早稲田(政治家学校)と慶応(実業家学校)の間に入って示談したのが、六大学野球の
始まり。

当時、明治大学の隣にあった法政と中央大学に「お前も野球やろうぜ」と明治が東京六大学に誘ったが、
「俺、勉強が好きだから野球なんかやらね」と中央大学は断った。法政は「面白そうだな」と入ってきた。

それをみていた東京帝国大学が、真のはエリートはスポーツも勉強もできてあたりまえと野球に
興味をもって帝国大学のくせに入ってきた。

5大学だと奇数なので、組み合わせがうまくいかないので、あと1校さがしてたが、立教は綺麗な女学生
が多そうだし、金持ちそうなので、六大学に入りたがってた日大を無視して、立教にお願いして無理に
入ってもらった。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年04月08日(日) 06時05分28秒
ケツメド
投稿者 メール
(゚Д゚) <