ドペダかったんだけど
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 20時43分16秒
おいしくねーな
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 20時43分43秒
ドペダYS
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 20時44分49秒
YS型は機体前面に8連装ミサイルランチャーを装備する爆撃機であり、フラットベッド型(貨物室を持たず、機体上面に貨物をむき出しで固定する)輸送機でもある。

機体上面から吸入した空気を下面から噴出しすることでV/STOLが可能になっている。また、最前線での戦術輸送を考慮して多数のロケットブースターを備えており緊急離陸が可能。

機体が大きく、重量に比べて推力に余裕のあるエンジンが搭載されておりペイロードに余裕があったため、そこに目をつけた軍司令部は機体上部にモビルスーツを乗せ、戦場までの輸送や降下した大気圏突入カプセルからの回収などの任務を行わせる事となる。

更にはMSを乗せたままでも戦闘を行うことが出来ることが発見され(パイロットの熟練は必須だが)MSの行動範囲の拡大、MS・爆撃機両者にとって不得手であった対空戦闘が可能、ドペダYSに被弾時でもMSが即座に離脱出来るなど有用性の高さからザク・グフなどが搭乗し前線で運用された。またグフの固定武装が空中戦において非常に有効活用できたため、グフは製造の時点でドダイとのリンクプログラムを搭載してあった。連邦の空中輸送部隊にとってこのドペダとMSの連携は大変な脅威で、撃墜されたミデア輸送機もかなりあったとされる。

以後モビルスーツ輸送・空中戦闘のための補助機体はサブフライトシステム(SFS)と呼ばれ、広く利用される事となった。
投稿者 メール
(゚Д゚) <