知識・教養をひけらかす見栄っ張りの気取り屋
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 00時40分20秒
教養のある人間のように振る舞おうとする俗物
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 00時42分30秒
教養(きょうよう)とは、個人の人格に結びついた知識や行いの事。これに関連した学問や、芸術および精神修養などの教育、文化的諸活動を含める場合もある。

一般に、独立した人間が持っているべきと考えられる一定レベルの様々な分野にわたる知識や常識と、古典文学や芸術など質の高い文化に対する幅広い造詣が、品位や人格および、物事に対する理解力や創造力に結びついている状態を指す。

「教養」に相当するギリシア語は、“パイデイア”であり、意味は「子供が教育係に指導されて身についたもの」の事である。英語ではcultureで「粗野な状態から耕された、人の手を経たもの」、ドイツ語ではBildungであって「つくられたもの」の事。それぞれに教養の捉え方に対する文化的な温度差がある。

また、「教養」は、伝統的に西欧の大学で扱われているリベラル・アーツに相当するものとしても捉えられる。この起源もギリシア時代の自由人のための学問に起源を発する。しかし現代の日本では、「パンキョウ」という語に代表されるように、大学の専門課程以前の広範な一般的基礎知識を指すに終止することが多い。

「あの人は教養がある」というように口語的に用いられる場合は、人付き合いや社交の場において、洗練された会話や身のこなしが出来る能力を示す事が多い。これには多分に人間的評価の意味が含まれており、逆に「教養がない」という表現で「常識のない人間」や「品位や人格に問題のある人間」を謗る事がある。しかし、これらは必ずしも正確なものではない。「教養ある人間」すなわち教養人が相応の尊敬を得るのは、単に知識が豊富な状態(博識)に留まらず、人間性という実を伴うためである。仮に現状の知識が乏しいからといって、その状況は非難される性質ではない。知識を求めて学ぶことで、品位と人格高めようとする心構えが重要なのである。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 00時42分38秒
カメムシ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 00時42分57秒
それすら出来ずに悶々とする1
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月31日(土) 00時43分04秒
1は高卒かww
投稿者 メール
(゚Д゚) <