松永久秀
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 01時42分19秒
さて、久秀が織田信長の傘下にいた頃、信長が徳川家康に久秀を紹介するのに次のように言ったと伝えられている。
 「これは松永久秀である。彼は将軍を殺し、主人である三好氏には恩を仇で返し、さらに、奈良の大仏殿を焼いた。これらのことは古来、人間ならばまずできないことである」
 信長一流の痛烈なイヤミを受け(信長はそういう気はなかったのかもしれないが)、さすがの彼も恥と怒りで顔が赤くなったと言われる。


松永m9(^Д^)プギャー!!
2投稿者:ワープアさん  投稿日:2007年03月12日(月) 08時48分54秒 ID:bxvx151u
そんなんやから謀反されんねん
3投稿者:ワープアさん  投稿日:2007年03月12日(月) 09時01分50秒 ID:bxvx151u
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B0%B8%E4%B9%85%E7%A7%80#.E4.B8.89.E5.A5.BD.E9.95.B7.E6.85.B6.E6.99.82.E4.BB.A3
織田信長時代
永禄11年(1568年)9月、織田信長が上洛してくると、いちはやく降伏して名茶器といわれる「九十九髪」を差し出して恭順の意を示したため、大和一国を安堵された。元亀元年(1570年)、信長の朝倉義景討伐に参加し、信長が妹婿・浅井長政の裏切りで撤退を余儀なくされると、信長と行動を共にし、近江朽木谷の領主・朽木元綱を説得して味方にし、信長の窮地を救っている。

その後も信長の家臣として石山本願寺攻めに参加するなどしたが、次第に信長包囲網が結成されてゆくにつれて信長が不利になると、第15代将軍・足利義昭の誘いに応じて信長を裏切り、信長包囲網の一角に加わった。元亀4年(1573年)3月には将軍・足利義昭と同盟して信長に背いたが、4月に信長最大の強敵・武田信玄が病死して武田軍が甲斐に撤退し、織田軍の反攻が開始され、7月には義昭が追放されて幕府が滅亡し、天正元年(1573年)11月には三好義継が河内若江城で敗死すると、多聞山城を差し出すことで再び信長に降伏した。

[編集] 最期
その後は信長に従って石山本願寺攻めに参加していたが、天正5年(1577年)に上杉謙信、毛利輝元、石山本願寺などの反信長勢力と呼応して信長の命令に背いて本願寺攻めから勝手に離脱し、大和信貴山城に立て籠もってそのまま反逆に及んだ。

信長は嫡男・織田信忠を総大将とした大軍を送り込み、10月には信貴山城を包囲させた。このとき所有していた名器・平蜘蛛茶釜を差し出せば信長は助命すると述べたが、久秀は拒絶する。このため、信長のもとに差し出していた2人の息子は、京都六条河原で処刑された。そして織田軍の攻撃が始まると、平蜘蛛を天守閣で叩き割り、10月10日に爆死した。享年68。

奇しくも、この日は10年前に東大寺大仏殿を焼き払った日と同日であった。

首塚が奈良県王寺町の達磨寺に存在する。
4投稿者:剣菱  投稿日:2007年03月12日(月) 10時10分17秒
近年の研究では、大仏殿が焼けたのは戦闘中の偶発的な事故とされているな。
久秀の件は信長公記か武功夜話に記されているんだろうけど、
信長公記は一部に創作が含まれていて史料としての価値が疑問視されてるし、
武功夜話に至っては偽書とされてるからなぁ。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 10時12分59秒
誰の研究?
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 10時20分08秒
野田とトレードでやってきて一年でFAでダイエーに行った野郎か
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 22時59分51秒
命より茶碗のほうが大切なじいちゃんだよね
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 23時22分19秒
将軍を殺し、主人である三好家を滅ぼし
東大寺まで焼いたって?

とんでもねぇ野朗だな松永って奴は
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月12日(月) 23時23分10秒
信長が言うなよな
投稿者 メール
(゚Д゚) <