外資(シテイバンク)の実現したいこととは何か?
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月10日(土) 22時25分52秒
外資(シテイバンク)の実現したいこととは何か?
ちなみにシテイバンクの持ち主はロッ○フェラーである。

<5月の最悪の法案の準備のため>
5月の「紙きれだけ刷れば好きに外資が日本の会社を買える法律」(別名三角合併)
のときのために、なるべく多くの株券を集めておく必要がある。
つまり、外資の上場企業は、5月以降、無尽蔵に紙切れを株券に代えられるという
錬金術解禁を受ける。

詳しく解説すると、外資は、自分たちの株券で、日本の会社の株券と交換できるという
法律が5月に解禁される。つまり日本人を会社を通じて大規模に奴隷化する。
(これは、われわれが阻止する必要があるが)

これだと、お金を汗水たらして作り出す必要がなく、単に、印刷機で、その自分の会社の
株券を多数刷って、日本の会社の株主を見つけて、その紙切れと交換すればいい。

そして集めた日本の会社の株券が多いほうが、その会社の覇権を握る。

そのため日興証券の上場廃止が必要なのである。

http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月10日(土) 22時35分57秒
元々は政府が日本への外資投入を斡旋したからこのようなことになるんだ
分りきっててた筈なのに何を今更って感じすね
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月10日(土) 22時37分59秒
特定アジアがとか言ってる場合かと思うよ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月10日(土) 22時45分48秒
<西武鉄道を外資に差し上げるための奇行>
以前、西武鉄道を突然、「どうでもいい、たいしたことのない違反」を
ふりかざし、口実をつけて、上場廃止にした、恐ろしいほどの馬鹿男
「日本の金融業界で歴史上最大の馬鹿男」が、その馬鹿さ加減を外資から見込まれて
今も、東京証券取引所の社長をやっている。

彼は東芝出身である。つまりメーカーから来ているため、本当のところは、
超ど素人である。

本当のところは何がなんだかわかっていないので
とてもだまされやすい人物である。

<外資のために上場廃止>
何しろ、ある企業を、たいしたことのない理由でも、すぐに上場廃止にすべきだとい
う「正真正銘の間違った経済理論」を左の耳から、エスクワイアクラブか何かで
そっと熱くささやかれると、「それが正しいかもしれないなあ」
と思ってしまい、簡単に上場廃止にしてしまうのだ。

今まで、その会社に何百億円と出資してきた無数の株主を殺してしまい、
その金融資産
をほぼゼロにしてしまう。
経営権(株券)を限りなく安い価格に暴落させて、新しい、「外資」にさしあげて
しまうという「サポート業務」をやっていることにさっぱり気づいていないのだ。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年03月10日(土) 22時47分10秒
現在、この日興証券上場廃止のために、動いている、森派幹部(前小泉政権幹部)が
、少なくても2名、積極的に関与している。


そしてその前小泉政権幹部は、外資から、ある「人にはとても言えないもの」
をもらっているから動いているのである。

<西武鉄道上場廃止時>
つまり、西武鉄道上場廃止のときも、外資から、
「西武鉄道からうまい具合に、堤オーナーを追い出して、上場廃止にしてほしい」
という要望がなされ、そのときも小泉政権幹部は、ある、「とても人には言えない
もの」を外資からもらっているから動いていた。

そしてその結果は、西武グループは、その資産が、今、外資の保有になった。

http://www.seibu-group.co.jp/shd/data/061221.pdf
18ページ目/63ページに株主構成があり、ほとんどが、サーべらすのものである。

これは何を意味しているかというと、西武グループが稼ぐ利益は、株主である外資の
ところに、利益分配金(別名 配当金)として、流れ込むということである。
<外資のねらい>

ある、きちんと利益を上げている企業グループのそれまでの株主の権利をなくして
しまうのが上場廃止、そしてその代わりに「株主」として、君臨することで、外資に
「寝ていても何もしなくても」利益が転がり込むのである。
投稿者 メール
(゚Д゚) <