・デンフォp]@id@−qcis[@o[d
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2007年02月18日(日) 22時10分00秒
男子生徒全員が女の子になったうちの学校。
信じられない出来事だが、わたしたちは知っている。
『ふたば』という母さんがこの学校に現れて、わたしたちは女の子に生まれ変わった。
今わたしたちは女子高生。それもそこいらの女の子ではありえないような美しさをもらった。


「ようこそ、あたしたちの楽園へ」
「は、話が違うよ、純。た、助けて……」
「何を怖がってるの?せっかく今日ご招待してあげたんだから、もっと喜んで欲しいな」
「じゃ、じゃあこの首輪はなんだよ……」
その男の言葉遣いが気に障る。こんなにかわいい子なのに、男の仕草と言葉遣いをするのが許せない。
せっかく貰った女の子の体を持て余して―
だからこそわたしたちがこの子を変えさせてあげる―
ちょっぴり怒りと愛しさがこみあげてくる。

「あなたはいけない子。せっかく『母さん』から貰った大切な女体を無駄にして。
だからあたしたちが教えてあげるのよ。あなたは今、女いや雌だって事に」
わたしは、脅えている目の前の子に声をかけた。その子は裸だ。
綺麗―。
この子が男だったとは誰が信じられるだろうか?
そして周りには複数の同じように裸になった少女たちがいる。
この子達も美しい。この子たちも男だった。
でも
「怖がらないで、あたしたち皆女の子になってるんだから―」
そして、あたしたちは心まで女になってしまった。
投稿者 メール
(゚Д゚) <