一 家 惨 殺
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 07時12分39秒
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/ikka.htm
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時08分24秒
3月5日午後5時前、関は少女の自宅へ押し入った。
事前にかけた電話に誰も出なかったため彼はてっきり家は無人だと思い込んでいた。
だが、実際には少女の祖母が留守番をしていたのである。関は祖母に向かって、「通帳を出せ」と凄んだが、
彼女は怯えた様子もなく自分の財布から8万円を抜き出し、これをやるから帰れ、と言った。

馬鹿にされた、と思い関はカッとなった。さらに脅しつけたが老女がひるまず警察に通報しようとしたため、
関は激昂し彼女を配線コードで絞殺する。死体を横にさらに金品を漁っていると、午後7時頃に母親とともに少女が帰宅してきた。

関は母親を包丁で刺殺。そして床に広がったその血と尿を、娘である少女にタオルで拭き清めることを命じた。
目の前で母親を殺され、放心状態の少女は唯々諾々とそれに従った。

その後、保母に連れられて少女の妹が帰宅。
夕食後、まだわずか4歳の妹は絞殺された祖母の死体が転がる部屋へ、TVを観ていろと追いやられる。
それから関は少女を、本人いわく「気分転換しようと」強姦した。しかし凌辱の最中に少女の父親が帰宅してきたため、
これをも刺殺。通帳を奪ったあと、少女をラブホテルへ連れ込み、その場で2度強姦している。

翌朝、少女の家へ戻ってみると、目を覚ました4歳の妹が泣いていた。
泣き声に腹を立てた関はその体を掴み、背中から包丁を突き入れ胸にまで貫通させた。
「いたい、いたい」と幼い妹が細い泣き声をあげるのを聞き、少女に向かって
「楽にさせてやれ」と言ったが、少女が動けずにいたので関が絞殺したという。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時08分54秒
<市川一家四人殺人事件>
少年S(19)は、2月に交通事故を起こして負傷させ、
介抱するふりをして暴行し、現金を奪った女子高生(15)
のマンションに忍び込んだ。
住所は生徒手帳に書かれてあったものを控えていた。
忍び込んだ男は、女子高生の祖母(83)を電気コードで縊り殺し、
母(36)の背中を包丁でメッタ突きにした。
帰宅した父(42)も同様に刺し殺し、
最後に妹(4)にも包丁を刺して殺した。
残った女子高生を血に染まった部屋の中で強姦した。
現金を奪った後、室内から逃げられないように閉じこめた。
このとき、少年は長女に知人の家に電話をかけさせ、
金を工面するように要求した。この電話を不審に思った知人が
6日朝、派出所に届け、警官が部屋に駆けつけたため
少年は逃亡しようとしたところを捕まえた。
同日夜、犯行を自供、逮捕された

女子高生は自分の母親を目の前で殺され、その血だまりを拭かされ
ながら犯されたという
4歳の妹に至っては祖母の死体の横で泣き喚き疲れて眠った後
目を覚まして泣いたところ、後ろから顎をつかんで包丁で
背中から深々と刺し貫いたと・・・いう
その刃は胸から突き抜けたという
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時10分30秒
禹範坤

1982年4月26日、同棲していた女性が禹の胸に止まったハエをとるために叩いたことがきっかけとなって口論になり、
怒った禹は警察の武器庫に入り込んでウイスキーを飲み、泥酔状態となった。
武器庫からカービン銃2丁と手榴弾8発を持ち出した禹は、手始めに電話局に押し入って交換手3人を射殺し、
外部との連絡を取れないようにした。その上で5つの村の家々を回り、人々をカービン銃で射殺したり、
家に手榴弾を投げ込んで皆殺しにするなどした。

禹は8時間ほど殺戮を続けたが、武装警察隊によって山に追い込まれた。
日付が変わって4月27日未明、逃げられないと悟った禹は、残りの手榴弾2発の安全ピンを抜くと、
最後の犠牲者となった人質3名を抱きかかえて自爆した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%B9%E7%AF%84%E5%9D%A4
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時23分37秒
ソニー・ビーン/人食い一族
http://www.nazoo.org/marderer/sawney.htm

1400年代スコットランドの洞窟で旅人を襲ってその人肉を食って
暮らしていた人食い一族。初めは夫婦だけだったが、子供の近親婚
で50人に増えた。殺人がばれないように獲物は絶対逃がさない。
捕まった時に洞窟の中は人肉が山積になっていた。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時24分58秒
君はこの爽やかな朝に何を血に餓えているのかね
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時30分04秒
梶原一騎の娘誘拐殺人事件

朝、学校へ行く途中に誘拐
10数人に集団レイプ
小指を詰められる
助けを求める手紙を書かせて切断した小指とともに母親へ送りつける
身代金8億円を要求
受け渡しに失敗して犯人数名逮捕
激怒した残った犯人達がシャオエンに集団リンチ
徹底的に痛めつけられる
約2週間後、ドブの中で遺体となって発見される
発見された遺体↓
全裸
処女幕損傷、膣破裂、肛門裂傷
肝臓破裂
左手小指切断
頭は鈍器で数箇所なぐられた跡あり、顔はグチャグチャ
まばらな髪の毛、目はえぐりとられてた
舌をべろ〜んと引き抜かれたように出していた
体中に百箇所以上の内出血の跡、無数の殴られ蹴られた跡
両手両足を縛られて木杭をくくりつけられてた

検死の言葉
「こんなにむごたらしい殺され方をした遺体は見たことがない」
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時31分46秒
ネウストリアのクロテール二世による西ゴート王の娘ブルンヒルド殺害
 当時七十歳だったブルンヒルドを三日三晩拷問を加えたうえ裸にしてラクダで引き回し
 最後は馬にくくりつけて砂利道を走らせて粉々の肉塊にした

イングランド王エドワード2世殺害
 外傷が残らぬようにと考えた王妃イザベルにより肛門に焼け火箸を死ぬまで繰り返し突っ込まれる

漢の呂雉(呂太后)による戚夫人殺害
 高祖の愛人戚夫人を縛り上げて囚人に輪姦させたあげく、両手両足を一本ずつゆっくり
 切り落とし、 薬品で喉を潰して発声不能にし、耳に硫黄を流し込み、
 目玉をくり抜き、そのまま便所に放り込んで「人豚」とあざ笑った
 これを見た皇帝までショック死させた
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時32分40秒
ジンガ女王(アンゴラ)
二日で130人の子供を食べた
600人の村人を生きたまま粉ひき機に放り込んで殺害 その後溜まった血をガブ飲み

ドイツ ハノーヴァーの肉屋フリッツ・ハールマン

少年ばかりをさらってきて、レイプ後解体して自分の店でその肉を売っていた。
この店のソーセージは安くてうまいと評判だった。
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時33分45秒
 【質問】
 捕虜になったソ連軍兵士は,どういう扱いを受けたか?

 【回答】
 まちまちだった模様.
 ソ連を見限ってマスードのボディ・ガードになった元ソ連軍兵士のような例もあれば,手荒い扱いを受けた例もあり.

 以下に,それについて触れてある記述を幾つか引用したい.

「ソ連軍兵士が捕虜になった場合を尋ねた.だが,皆は口を噤む.ハジが口を開く.
『取り調べの後はよく知らない……』
 やっとハジが一例を語る.
『肉用の斧で両足首を切り落とし,さあ帰れ,さあ帰れ,と言うと,泣き喚きながら立とうとし,そして這いずって遠ざかろうとするよ.
 そこへ皆で石を打つ.
 ある村で女を犯したソ連兵が捕らえられた.このときは,石打ちの後で小石の山ができてたな.その山がちょっとでも動いたように見えると,石を取り払って,改めて投げつけた』」

〔略〕

 あとになってビルボ〔著者が別のムジャヒッディーンにつけたあだ名〕が自分から近付いてくると,彼らがソ連兵にどんな仕打ちをしたか話してくれた.
 彼らは,野生の獣達に彼を殺させることにし,キャンプから離れた山中へ彼を引っ張って行ったのだった.
 そして,低い岩のそばの平らな場所に来ると,両手両足の指を小銃の床尾で叩き潰した.
 そのあと,彼の腹を切り裂いた.そのとき,切り口が,腸がはみ出しかけるちょうどいい深さと大きさになるように気をつけた.
 そうすれば,彼は自分の血と腸の臭いを放ちながら,なおも6〜12時間は生き続けるだろうからだ.
 そのあと,彼らは彼の絶叫を止めるため,彼の舌を切り取った.私は,彼が自分の血で窒息してくれればと願った――少なくとも,そちらのほうが早く死ねる.
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時34分12秒
 4人が捕虜を取り巻くと,両手両足を引っ張ってダイノジにさせた.
 さらに2人が,捕虜の肩と腎臓の上に座った.第3の男が捕虜の尻のところに座り,右足を自分の両足の間に挟み,脚が上にぴんと突き立つようにした.
 スメアゴル〔ムジャヒッディーン〕が前に進み出た.煌きと共に,手にナイフが現れた.ナイフの素早い一閃で,彼はソ連兵のブーツを切り裂いた.ナイフの歯が,足の肉を深く抉った.
 少年は足を蹴ってのたうち回り,辺りを見まわそうとした.
 脚が剥き出しになると,足を支えている男が,捕虜のつま先を掴んで力一杯押し下げると同じに,踵を突き上げさせた.
 スメアゴルが前に歩み出た.彼はナイフを振り上げると,アキレス腱の後ろで足首に切っ先を突き立て,刃を抉るように捻った.
 アキレス腱がピアノ線のように弾けて切れた.
 切断部では,白い筋肉繊維がぷっつりと切れていた.
 ソ連兵は絶叫した.耳を劈く恐ろしい叫び声は,果てしなく続いた.
 その恐ろしい絶叫を止めさせるため,彼の顔を小銃の床尾でムジャヒッディーン達は殴りつけ,おとなしくなるまで打ち据えた.

 ムジャヒッディーン達は,重傷のほうの捕虜を掴んで真っ直ぐ立たせると,両手両足を開かせ,原が突き出すように岩肌の上でそっくり返らせた.
 別の男がナイフ片手に近付いて,捕虜の衣類を切り裂いた.右脇腹に,弾片か銃弾による酷い傷があり,まだ血が流れていた.
 ムジャヒッディーンの男は,短剣の切っ先を兵卒の脇腹に突き立て,両手で刃を斜め下に引っ張った.切り口が大きく口を開いた.徴募兵の腹腔が裂け,内臓が溢れ出た.
 臭いが私の鼻を襲い,喉がげっとなった.
 次の瞬間,腹を裂かれた激痛が,岩肌に立つ兵士に襲いかかって,彼は叫び始めた.
 あんな声を忘れる事は一生できまい.
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時34分52秒
病気みたいにコピペしなくても元のURL貼るだけでいいよ
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時35分23秒
日帝の残虐行為もコピペするニダ!
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 08時36分02秒
「後漢末に都を占拠した董卓は、投降してきた北方の反逆者数百人の舌を切り、手足を断ち、
目をえぐり、大きな釜で煮殺した。宴席の傍らで行われたこの処刑中、もがき、苦しみ、
絶叫する声が響き渡り、その場にいた者は誰一人として食事などできる状態ではなかったが、
唯ひとり、董卓だけが悠然と食べ、飲み、談笑し続けたという」
15投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月29日(金) 20時55分29秒
age
投稿者 メール
(゚Д゚) <