おまんこぺにすくんのだいぼうけん12
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 14時15分26秒
山で繁殖して増えたおまんこぺにすくんの群れは、総勢千人になったところで人里に降り、
あっという間に村や町を征服し、一国を乗っ取りました。(完)
2投稿者: 投稿日:2006年12月08日(金) 14時45分43秒 ID:kFiti5Fm
根性男臭がするな
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 14時47分22秒
また奴か
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時28分09秒
生きていたのか根性男。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時32分14秒
「おまんこぺにすくん」で正体がわかってしまう公務員というのはどうなんだ。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時51分33秒
公務員ってボーナス少ないのね。俺の半分以下なんだけど。

<国家公務員ボーナス>昨冬並の平均68万3000円

 国家公務員に8日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。総務省によると、管理職を除く一般行政職(平均年齢34.7歳)への平均支給額は昨冬とほぼ同水準の約68万3000円。人事院勧告に基づき支給総額を据え置いたためで、平均年齢が0.1歳上がった分、0.1%(約1000円)増となった。
 主な特別職の支給額は安倍晋三首相と島田仁郎最高裁長官の約582万円が最高で、衆参両院議長の約553万円が続く。閣僚は在職期間に応じ約452万〜358万円、事務次官は約340万円、国会議員は約330万円。ただ、安倍内閣では歳出削減の一環として、首相は30%、閣僚は10%の報酬カットを行っており、実際の首相への支給額は約174万円低い。
 また、地方公務員の管理職を除く一般行政職(平均年齢36.2歳)への平均支給額もほぼ昨冬並みの約65万2000円となっている。【川上克己】
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時52分04秒
6が多いんだよ
憎い
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時52分29秒
嘘をつく無職
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時55分41秒
俺は更にその半分。6と公務員がにくい
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時56分15秒
あるだけいいじゃないか氏ね
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時56分43秒
やだ
12投稿者:6  投稿日:2006年12月08日(金) 15時56分49秒
わ、ごめん。。
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年12月08日(金) 15時57分33秒
おれの年収より多いな
投稿者 メール
(゚Д゚) <