中学一年生の時に謎の組織に雇われた殺し屋を演じていた
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時40分39秒
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時43分15秒
いっつも蒼い空をひとり見ていた
変な奴と思われたくてワザと演じていたら
ほんとに変なやつになっちゃったギコギコギコヽ(´ー`)ノ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時44分33秒
君、自分で言ってるほど変じゃないから
中庸で凡庸なだけだから。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時45分26秒
凡庸ヨンロック
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時47分08秒
人と違うことやりたかっただけだい
でもな人と同じにしてた方が生きていくのが楽だとしった三十路どきモウオソイヽ(´ー`)ノ
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時48分16秒
そういう欲望のあり方も含めて凡庸なんだけどな
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時48分55秒
なんか説法うけてる感じヽ(´ー`)ノ
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 02時54分40秒
この屁理屈ぽさはエコぽい
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 03時01分11秒
一時期、「書斎」と言うものに憧れ、更に「文学者」と言う響きに憧れた。
木製のいかにもな机が欲しかったが断念し、代わりに小物をそれっぽくしようとした。
1000円の万年筆
ダイソーの原稿用紙
ミスドの一番革製品っぽく見えるスケジュールン(全12色くらいあった、細長い感じのやつ。)
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月26日(日) 03時03分01秒
エコだこれはそれでもエコだ
投稿者 メール
(゚Д゚) <