こうはさんは月収43万
1投稿者:鳶月収60万  投稿日:2006年11月08日(水) 20時26分29秒
でも年金は納めてません
2投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2006年11月08日(水) 20時45分32秒
出会い編

平成○○年6月1日

今日は、先日社長が契約した税理士が初めて会社に来た。「今度の税理士は手厳しいぞ。」と聞いていたので、強面かと思っていたら、そうでもなかった。意外と親切そうだ。僕は新卒入社でまだ1年ちょっとしか経っていないので、基礎からしっかり教えてもらえそうな感じだ。まさにその通りに、領収書の貼り方、番号の付け方などからみっちりと教え込まれた。なぜそうするのかを僕にも理解できるように話してくれるので、単純な作業でも楽しみながらできた。

平成○○年6月21日

前の税理士の場合は、数か月分の領収書の束を全て郵送して、税理士事務所で処理していた。しかし今度の事務所は、領収書は持ち帰ったり、郵送したりしないという。実際どうするのかと思っていたら、スタッフが毎月会社に来て、一枚一枚の領収書と帳簿とをチェックしている。さらに巡回監査報告書というチェックリストを利用して、処理が間違いないことを確かめているのだという。私が未熟なのでよく間違いを指摘されるが、間違いがあっても必ず見つけてくれる安心感がある。

毎月一回必ず関与先を訪問し、その場で帳簿(現金出納帳や伝票など)と証憑書(請求書や領収書)を突合します。また現金や売掛金などの勘定残高を照合し、その月の処理が正しく行われているかのチェックを行います。
私たちはこれを月次巡回監査と呼び、全ての作業の土台としています。月次巡回監査により作成された試算表は、その精度ゆえに金融機関に高く評価されています。
私たちの事務所では、しっかりとした月次巡回監査を行います 
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年11月08日(水) 20時50分34秒
如何にお得意様を持ち出して自分で事務所開けるかが勝負なんですよね
嫌がらせも相当なもんだと聞きます
投稿者 メール
(゚Д゚) <