なか卯がいちばん旨い
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月28日(金) 13時59分54秒
【牛丼】
> 明治時代、文明開化により牛肉を食べる習慣が広まり、大衆向けに考案された牛めしが原型で、牛鍋をどんぶり飯に掛けたものですき焼き丼なども同類。牛鍋の残り物を飯にかけて、犬のエサとして食べさせたという由来から、「カメチャブ」という俗称で呼ばれていた。ちなみに犬のことを「カメ」と呼ぶのは、居留外国人が犬に "come (here) " と呼ぶのを聞いたことによる。「チャブ」については卓袱台を参照。(卓袱(ちゃぶ)とは、中国で用いられる「テーブル掛け」のことで、ここから転じて日本では「食事」の意味で用いられる。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E4%B8%BC




犬のエサだってm9(^Д^)プギャーッ
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月28日(金) 14時00分35秒
トマトうどん
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月28日(金) 14時01分58秒
> 牛丼チェーンの地域的特性として、四国や南九州には吉野家以外は出店しておらず、その吉野家も店舗数は1桁しかないことがあげられる。とりわけ四国は物流面で特殊事情(本四架橋の高額な通行料)を抱えており、損益分岐点が他地域に比べて高くなっているため、進出に消極的となっている。



四国m9(^Д^)プギャーッ
投稿者 メール
(゚Д゚) <