「自己アピール」って何ですか?
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 02時54分46秒
社会性というのは、ひとことでいうと、「システムがどういうふうに機能しているか、だいたい見当が付く」能力のことである。
よく使う図書館の比喩を使わせて頂ければ、「自分が読んだ本」(それがどれほどささやかなものであれ)が図書館のどの階のどの棚に配架されているかを知っていることを社会性という。
「自分が読んだ本」がどこにあるかを知っている人間というのは、「自分がまだ読んだことのない本」がどこにあるかだいたい見当が付けられる人間である。
逆に、「自分が読んだ本」について、それらにどのような分類上の特徴や偏りがあるのかについて記述することができない人間は、どれほど膨大な書物的知識を有していても、「図書館」の中では迷子になる。
「読んだ本」というのは学生さんたちがこれまで習得した知識やスキルのことで、「図書館」は社会の比喩である。

「自己アピール」ということを就活中のほとんどの学生さんは勘違いしていて、英検が何級であるとか、留学経験があるとか、どこそこにボランティアに行ったとか、武道の段位を持っているとか、日舞ができるとかいう外形的な資格や能力を誇示することだと思っている。
あのね、人事のおじさんたちが、そんなチープな学生の自慢話を聞きたがると思うかね。
彼らは毎日何十人、一シーズンに数千人からの学生を面接するのである。
「そんな話は聞き飽きた」話をすることが、どうして「アピール」になるであろう。
「アピールする」というのは、自分がこの社会の中のどのポジションにいるのか、それをできるかぎりわかりやすく記述するということである。
それだけのことである。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 02時55分07秒
だって、あなたは63億から人口があるこの世界にただ一人しかいないわけで、そうである以上、あなた以外の誰によっても占めることのできない、代替不能の「ポジション」を今占めているわけでしょう?
それがどんなポジションかを告げる、というのが自己アピールということでしょう?
そのポジションの人が有用であると先方が判断すれば採用されるし、そのポジションはいまのところ不要だわ、ということなら採用されない。
ただ、それだけのことである。
その人事の手間をできるだけ省いてあげるのが自己アピールの意味である。
勘違いしないでね。
就職活動の要諦というのは、人事の人の「採否の判定の手間をできるだけ省いてあげる」ことに存する。
肩にフケだらけのアオキの29800円のスーツを着て、鞄からギャルゲー攻略本をはみださせて、何を訊かれても「ええええっっとおおお」と不得要領で答える学生は、
「あ、キミは間違いなく本社にはまったく不要な人間です」
ということを人事の担当者に面接10秒で納得させられるから、これもまたある種の社会的能力と申し上げてよいのである。
それは彼のたたずまいが、彼が「この社会において占めているポジション」を適切に指示していることのネガティヴな効果である。
その逆を考えればよろしい。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 02時55分37秒
つまりは空気嫁
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 04時01分08秒
俺のどこに代替不能性があるんだよ!
面接官、おまえもだよ!っていう
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 04時39分54秒
無難さを演出しつつ特殊性をアピールするってのが難しいんだよ
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年04月15日(土) 04時42分21秒
カジュアルなファッションセンスを演出しつつチンコの大きさをアピールするのが難しいんだよ
7投稿者:面接官  投稿日:2006年04月15日(土) 04時42分45秒
1くんは何が言いたいのかよくわからない
簡潔にまとめる力を養ってね
はい次の人〜
投稿者 メール
(゚Д゚) <