大人げないシラク大統領の態度
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年03月25日(土) 12時52分53秒

時代錯誤だな(@wぷ

去年の移民暴動に引き続き、今年も若年層クビ切り法案で若年労働者による暴動が頻発するフランスだが、大統領のシラクがまた大時代的な大フランス主義を見せてくれた(@wぷ

つまり、ブリュッセルで欧州連合(EU)首脳会議の席上、フランス人のセリエール欧州産業連盟会長がフランス語で話していた途中から英語に切り替えて演説したため、シラクは怒って席を立ったというのだ(@w荒

--------------引用---------------------

シラク大統領は24日の記者会見で「フランス人がEUの場で英語を話したので強い衝撃を受けた。聞きたくなかった」と胸中を説明し、「英語文化の席巻」から世界を守る意味でもフランス語は重要だと訴えた。

---------------------------------------

もっとも、話の内容が「行き過ぎた保護主義の弊害」だったため、農産物を含め未だに社会主義的保護政策があちこちで顔を出すフランス政府そのものに対する批判だったことは推察できる。シラクが立腹したのは英語・フランス語云々というよりそちらだったのかもしれないな(@wぷ
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年03月25日(土) 21時27分55秒
在日雑魚運営は馬鹿だな
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2006年03月25日(土) 22時53分10秒
>つまり、ブリュッセルで欧州連合(EU)首脳会議の席上
つまりの使い方間違ってね?
投稿者 メール
(゚Д゚) <