草の長さ三寸あれば狼は身を隠すといへり。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時07分15秒
草木の色の移りゆくにつれて、狼の毛の色も季節ごとに変はりてゆくものなり。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時08分28秒
なわきゃーない
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時10分27秒
遠野物語の四十節にそう書いてあるんだよ。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時11分17秒
なあほな
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時20分47秒
和野の佐々木嘉兵衛、ある年境木越の大谷地へ狩りにゆきたり。死助の方より
走れる原なり。秋の暮れのことにて木の葉は散り尽くし山もあらはなり。向か
ふの峰より何百とも知れぬ狼こちらへ群れて走り来るをみて恐ろしさに堪へず、
樹の梢に上がりてありしに、その樹の下をおびただしき足音して走り過ぎ北の
方へ行けり。その頃より遠野郷には狼はなはだ少なくなれりとのことなり。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 01時23分34秒
な話あるかい
7投稿者:腐れ厨房(゚腐゚)  投稿日:2006年01月04日(水) 08時42分40秒
毛の長さ一寸あればおちんぽは身を隠すといへり。
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛アケオメー  投稿日:2006年01月04日(水) 08時46分29秒
そうだな(´ー`)y-~~
投稿者 メール
(゚Д゚) <