ヾ(゚д゚)ノ゛は仕事にも行かず卵を温め続けた。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 16時12分06秒
そして・・・
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 16時13分08秒
夢という無精卵を暖め続け
現実という生きていたヒヨコは死んだ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 16時13分46秒
うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 18時54分26秒
哲学的だなぉぃ
無駄に哲学的だ
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 19時07分57秒
昨日、フリーマーケットやYahoo!オークションで売りさばく物を探すために押し入れを引っかき回していたら、二十数年前の日付の日記が出てきた。
うちの母が書いたものらしい。
開いてみたら、俺が生まれてから一歳までの間の毎日の俺に関する出来事が書き綴られていた。「今日は指をしゃぶっていた」「もうすぐ立てそうだ」とか。
まさか、あの頃は俺がこんなダメでネクラで元気がないクズに育つとは夢にも思っていなかったんだろうな。
罪悪感と不甲斐なさで涙が出てきた。
最初は焼却炉に放り込もうかと思ったが、それは思いとどまって新聞紙でグルグル巻きにして同じく押し入れから出てきた昔のレコードと一緒に箱詰めにして押し入れの奥深くに封印した。もう二度と見たくない。
これを書き込んでいたら再び涙が出てきた。
残念ながら俺は親にとっての青い鳥ではなかった。今まで散々期待させておいて一つも応えられなくて本当にごめんなさい。
兄はもう俺の歳には結婚して子供もいるのに。
こんな状況なのに母は「早くあんたの彼女やお嫁さん、孫が見たい」なんて言っている。
はっきり宣告する。もう無理。絶対無理。定職にも就けずにおまけにネクラ、元気無し。孤独好き。こんな奴が結婚なんかできる筈がない。
俺の心の中の青い鳥は最近ようやく死んでくれた。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 19時09分48秒
ヾ(゚д゚)ノ゛<羽ばたいていないから 死んだように見えるだけさ。
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛ヨイオトシヲー  投稿日:2005年12月29日(木) 19時10分49秒
もう抜け殻のキミを
もう見たくはないから
響けこの声よ
響けこの心よ
投稿者 メール
(゚Д゚) <