ネット社会になり、現代日本語が古文に近づきつつある
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛メリークリトリス  投稿日:2005年12月24日(土) 17時25分14秒
と思います。

電話やテレビなどの、「音声」による言語の取り込みから、
ネットによる文書の送信により、
扇子に文を書いてとばしていた平安時代のような感覚に戻りつつある。

ワロスなんてのが、その良い例です。
感情を直接的、または誇張的に伝え、それでいて直感的に受け止めやすくするよう
短い表現を選らず。

ワロスは、いわば、古文の「いと、〜す」に近い。
2投稿者:エコ  投稿日:2005年12月24日(土) 17時27分54秒 ID:uNzb56Lx
>扇子に文を書いてとばしていた平安時代のような感覚に戻りつつある。

これは電波による送受信の気軽さというより、異様な貴族たちのフザケた感覚だと思う。
3投稿者:五反田  投稿日:2005年12月24日(土) 17時39分55秒
>異様な
さすがエコさんだと思った。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛メリークリトリス  投稿日:2005年12月24日(土) 17時47分45秒
一年やそこらで流行ったり廃れたりするような表現は
古文に近いとは言えない
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛メリークリトリス  投稿日:2005年12月24日(土) 17時49分39秒
言文一致について学んでみるといいよ。
投稿者 メール
(゚Д゚) <