[NHK教育]-E.T.の住む星-
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 16時14分11秒
西暦2020年、地球のはるか上空を回っているのは新型の望遠鏡
「テレストリアル・プラネット・ファインダー(地球型惑星発見機)」。
望遠鏡は地球から40光年あまり離れた天体に生物の住むことができる惑星をキャッチしたところです。
このシリーズでは、世界中から集まった天文学や生物学の第一人者たちが
理論的な根拠をもとにワクワクするようなE.T.(地球外生物)を大胆予測します。
スーパーコンピュータを使った緻密な分析と素晴らしいCG画像によって
星の様子を再現し、リアルなE.T.がたくさん登場します。
・原題:Extraterrestrial
・制作:Channel4、National Geographic
 (イギリス・アメリカ・2005年)
・ナレーター:渡辺徹
http://www.nhk.or.jp/dramatic/onair/index.html
『第1回 惑星オーレリア』
2005年11月30日放送 NHK教育 夜7時-7時45分
『第2回 衛星ブルームーン』
2005年12月7日放送 NHK教育 夜7時-7時45分
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 16時17分10秒
クローズアップ現代のはやぶさの特集と時間が被ってるのが難点
http://www.nhk.or.jp/gendai/
NHK総合 7:30-7:56、BS2 11:55-0:21
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 16時19分13秒
大王イカ以来の興奮だ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 16時48分26秒
『第1回 惑星オーレリア』
2005年11月30日放送
太陽の10分の1以下の光を発する赤色わい星の周りを地球サイズの惑星オーレリアがまわっています。
オーレリアは赤色わい星の引力によって自転していません。
惑星の半分は氷に覆われた暗闇で、もう半分は光を受け続けています。
太陽が沈まない世界には、植物と動物が合体したようなスティンガーファンの森があり、
ゆっくりと光のあたるところへ移動します。全長5メートル、バッファローのように
がっちりしていてキリンのような首、突き出した前歯を持つ大型肉食動物のガルプホッグ。
オタマジャクシのような捕食動物ヒステリア、アルマジロとカエルを合わせたような
姿でおとなしい両生類マッドポッズ。前足とシャベルのような頭を使って水をせき止め、
あちこちにダムをつくります。そのほかにもたくさんの生物がオーレリアには生息しています。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 18時43分48秒
20分前
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 19時00分46秒
始まったよ
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 19時01分57秒
はじまt
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 19時04分25秒
赤色矮星の引力によって自転してない惑星ってのはおかしいな。
自転と公転の周期が一致している、の間違いだろうか。
同じ方向を常に赤色矮星に向けているのなら、そうなるはずだ。
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 19時11分37秒
「地球の長い午後」での地球と太陽の関係と同じだ
10投稿者:39歳無職長男(童貞)  投稿日:2005年11月30日(水) 19時16分20秒
こんなまったくどうでもいいような夢だけの研究にも予算が出るアメリカはすばらしい国だなあ
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月30日(水) 19時32分44秒
キングスライムかよヒステリア
粘菌といったほうがいいか
投稿者 メール
(゚Д゚) <