親と子がいれば、親が生き残るべきなのが儒教
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 11時55分08秒
親中的な国策をとっていれば若年層を食いつぶす政治になるのは当たり前。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 11時58分49秒
子供は再生産出来るから母親を助ける冪
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 12時12分06秒
朱子学という
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 12時17分20秒
>1
逆だと思う
親の老後のために無理やりにでも子供が働かされるから
ひきこもりとか居なくなっていいと思うよ

子供の幸せを中心に考えてきた結果が
今の日本の少子化、ひきこもり百万人社会なわけで
5投稿者:(o!o)  投稿日:2005年11月03日(木) 12時19分06秒
実際は親アメリカ的だけど、そうなるとやはりキリスト教右派のような?
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 12時29分26秒
100万人って少なくね?
日本全体から見たときに東京の人口の10分の1でしょ?
たいした事ないじゃん
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 13時03分39秒
>東京の人口の10分の1
逆に多く感じる
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年11月03日(木) 13時25分30秒
(東アジア的稲作)農耕の知恵は常に年寄りが持っていた。
それらの知恵の存否は共同体全体の命運を大きく左右した。
だから過去には仕方なかったのだろうが、農業人口が減り、
科学的な知見が文物として蓄積されている現代においては
儒教的価値観は殆ど実効的な意味を持たないと思う。
下らぬ精神的退廃しか無い。
投稿者 メール
(゚Д゚) <