物が見える仕組みを教えてください
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 01時47分59秒
丁寧に
2投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 02時07分02秒
水晶体で屈折して網膜の上で像を結ぶ、網膜に感覚細胞があって
感覚細胞が刺激を受けて興奮すると、その興奮が感覚神経によって
脳に伝えられて視覚が生まれる。

網膜の上には錐体細胞とかん体細胞があり、
錐体細胞は明るい場所で働いて、色の識別が出来る。
かん体細胞はうすぐらい場所で働いて、明暗に反応するけど
色の識別はしない。

ほぼ教科書から書き写した。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 02時16分27秒
ありがとう
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 02時18分55秒
そこに物があるからさ
5投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 02時19分08秒
1行目に「光が」ってところが抜けてた
適当に拾ってきた図
http://www.aki-net.co.jp/hitomi/02/images/02-01-01-02_i-1.gif
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 02時20分05秒
複眼ってどういう風に見えてるんだろうね
映画のハエ男だと同じ像が無数に見えているという描写をされていたけど
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 02時21分36秒
きほんてきにはふたつと同じだろ
いくつかの目で一枚の像を見る感じ
8投稿者: 投稿日:2005年10月22日(土) 02時28分12秒 ID:cyu1Mxfx
人間がふたつの目でひとつの像を捉えてるのとおんなじような感じじゃないですかね?
単純に、数が増えれば精度が上がるんじゃないかと。
まぁ、その視覚情報を処理する脳側の問題もありますが。
9投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 02時38分35秒
複眼 ふくがん
頭部にある大きな目のこと。多数の個眼(こがん)が集まってできた目で、一つ一つの個眼はまわりの景色の色を感じ全体としてまわりの景色が判別できる構造になっている。いわばデジタルの目といえる。

http://www.kobe-c.ed.jp/shizen/tombo/glossary/
引用元
10投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 02時45分38秒
よくわからんがどうやら複眼を構成する個眼というのには
網膜や水晶体がないらしい
11投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 02時50分13秒
いや違うか形がだいぶ違うんだな
12投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 03時09分04秒
わかった複眼の特徴は解消度が低くてぼんやりしているけど、すばやい動きを認識するのには適してるんだって。
13投稿者:無ひ  投稿日:2005年10月22日(土) 03時12分16秒
そして誰もいなくなっていた!
14投稿者: 投稿日:2005年10月22日(土) 03時25分29秒 ID:cyu1Mxfx
まぁ、解像度(ですよね?)が低くてぼんやりしているかどうかは、その複眼の持ち主次第ではないかと。
そもそも鮮明な像を結んでも、それを解釈する器官の性能が悪くてはどうしようもない訳ですし。
15投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年10月22日(土) 04時13分36秒
そういや、小学校のとき科学なんとか館って
ところでトンボにはモノがどう見えているかみたいなのを
体験できるメガネかけたな。
投稿者 メール
(゚Д゚) <