墾田永年私財法の暗示するもの
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年07月02日(土) 20時17分40秒
そもそも、土地は私財ではないからこのような法律がわざわざ作られたのだ。
現在、土地は当たり前のように私財だが、その認識は正しいのか。
私物とするがために都市計画もなかなか進まない。
外国の攻撃を受けても一軒一軒土地を収用しなければ陣地も構築できない。
国土は公のものとすべきで、土地を所有する権利ではなく、借用する権利のみ認めてはどうか。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年07月02日(土) 20時26分08秒
一般的な土地ではなく、それが耕作地であることに意味があるのだ
3投稿者:わんわん  投稿日:2005年07月02日(土) 20時26分55秒
都市計画法上の事業認可が得られれば土地収用法で強制収用できるよ。
でも強制収用が発動されるのは、本当に最後の最後、90%,95%以上
収用できていて最後の一軒だけが明け渡し拒否しているような場合に
限られるのが通例だよ。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年07月02日(土) 20時31分53秒
小作人のやる気を煽るための策じゃん
深読みし過ぎ
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年07月02日(土) 20時41分08秒
だから大した考えも無く土地の私有を認めたから今のめんどうな事態になった。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年07月02日(土) 20時44分59秒
よーし明日は共産党に投票しちゃうぞ!!
投稿者 メール
(゚Д゚) <