子供の頃のエロ記憶はいつまでも新鮮だ
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時35分36秒
4歳の頃に結婚を誓い合った一つ年下の女の子がいた。
保育園が一緒で、両親の了解も得ていたので、俺は結婚する気満々で幸せの絶頂だった。
だがある日、ジャングルジムに登っているその子のパンツを覗いてしまったことにより婚約を破棄されてしまった。
その時の俺のショックは計り知れない。
それがトラウマとなった、かどうかわからないが、以来俺は女の子に対していやらしいことをしないよう極端に距離を置くようになってしまった。
2投稿者:1  投稿日:2005年05月15日(日) 23時44分44秒
5歳の頃、同じ水泳教室に通っていた一つ年上の女の子に好かれて困ったことがある。
出会う度に抱きつき、キスをしてくるような子で、水泳の時間は常に俺にべったりとくっつき、俺はまともに水泳を習うことが出来なかった。
結局、上級のクラスに進むことも出来ずに水泳教室をやめてしまった。
おかげで今もバタフライなどは出来ないままだ。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時45分47秒
以上、脳内中継でした。 さて、次のニュースです。イラクで…
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時48分13秒
そういえば園児のころマンコを見せてもらったことがあるな。
5投稿者:1  投稿日:2005年05月15日(日) 23時52分58秒
小学校に上がると、同じクラスの南野さん(仮名)に耳たぶを舐められるようになった。
休み時間や体育の時間に舐められたのだが、床に座って耳たぶを舐めるのが彼女のお気に入りだった。
大人しかった俺は、彼女に言われるままに耳たぶを差し出していたが、なぜ耳たぶを舐めるのか聞いたことがある。
曰く、「気持ちいいから」だそうだが、舐めてる方が気持ち言いというのはどういうことか。
やがてこの事はクラスの男子にばれて、俺がいじめられるようになってからようやく彼女は耳たぶを舐めるのを辞めた。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時53分15秒
俺はジャングルジムみたいな遊具で、女の子のパンツをこぉ。
で、隣にいた奴と走って教室に帰りながら、「みた、みたよな? うけけけけ」と
笑ったことを思い出した
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時54分57秒
1は幼女に持てるというロリコン垂涎の能力を持っているのではなかろうか
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月15日(日) 23時55分17秒
今日の5の2を読んで俺も同じようなこと思い出してた
9投稿者:1  投稿日:2005年05月16日(月) 00時12分38秒
小学校3年生の時だったと思う。
クラスの西下さん(仮名)が俺に何か大口を叩いたので(内容は忘れた)、疑った俺はその証拠を見せてもらいに彼女の家に行った。
到着して中に入れてもらうと、前述の南野さんが遊びに来ていた。
早速俺は、証拠を要求した。
が、西下さんは野球拳をして勝ったら見せてやろうというので、南野さんも入れて(なぜ?)野球拳で勝負することになった。
勝負が進み、お互い下着姿にまでなった。
彼女たちは座布団で体を隠したが、俺は「男だから隠してはダメ」となぜか座布団を与えてもらえなかった。
南野さんは裸になり、いよいよ勝負を決するところまで行ったが、西下さんの姉が部屋に入ってきて勝負は中断し、結局野球拳をやめてトランプか何かで遊んでその日は帰宅した。
翌日、学校で西下さんにはしっかりと口止めされた。
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月16日(月) 00時17分53秒
誰も読まないのにな
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月16日(月) 00時18分28秒
夢のような子供時代を過ごしているな
俺もそういう時期はあったが幼稚園はいる前に終わった
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月16日(月) 00時18分52秒
俺は読んでオナニーしてる
13投稿者:牛丼  投稿日:2005年05月16日(月) 00時19分23秒
俺は読んでアナニーしてる



・・・いやしてないが。なんとなく書いてみたかった。
14投稿者:1  投稿日:2005年05月16日(月) 00時40分16秒
同じく小学校3年生の時だったと思う。
その頃俺がよく遊んだのは近所にいた年下の姉妹だった。
お姉さんの方は母親によく似ていて大人しく賢い子だったが、妹さんは快活で物怖じしない子だった。
俺は姉妹両方によく好かれているらしく、彼女達は母親に俺と結婚すると言っているそうだと、親を通して聞かされていた。
ある日、いつものように3人で遊んでいたとき。
姉妹は乗らなくなった三輪車を引っ張り出して俺に乗るように進めた。
俺は三輪車に乗って、妹さんは俺に抱きついて後ろに、お姉さんは俺たちを誘導した。
かなり長い距離を走った途中、妹さんが急に俺の頬にキスをしてきた。
が、俺はその姉妹のことを全然意識していなかったので、その事にはまるで無反応に笑顔のまま三輪車をこぎ続けようとした。
直後、ふと目の前を見ると、お姉さんが呆然とした顔で突っ立っていた。
はっ、と気がついたが、お姉さんは無言でそのまま立ち去り帰ってしまった。
俺は声もかけることも出来ないまま、妹さんを連れて帰り、楽しかった時間は終わってしまった。
それ以降、3人で遊ぶことはほとんどなくなってしまった。
15投稿者:1  投稿日:2005年05月16日(月) 00時56分36秒
盆や正月に母の実家に行った時には、母方の従姉である2人の姉妹に一緒に風呂に入らされた。
小学校4年生ぐらいまで入っていたと思うが、母の実家の風呂は古かったし、年の離れたお姉さんの裸には興味がなかったので、エロ記憶とは言ってもあまりうれしい思い出はなく、場景はよく覚えていない。
因みにその従姉、まだどちらも未婚らしい。
16投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月16日(月) 01時04分21秒
もっと推敲して
17投稿者:1  投稿日:2005年05月16日(月) 01時07分22秒
そうだな。
いつもと方向性が違うと筆も乗らないし、まとまりもない文章にしかならないな。
18投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月16日(月) 01時10分02秒
事実だけを淡々を書かれても抜きどころがわかんないから創作でもいいからもっと要点をまとめてくれ
19投稿者:1  投稿日:2005年05月16日(月) 01時12分14秒
その通りだな。
投稿者 メール
(゚Д゚) <