もはや昔には戻れない
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時20分35秒
わかい内は給料が安くてもある程度年齢が給料も上がって余裕が出来るって考えがあ
ったから、それなりに金がなくても余裕が持てた時代だ。

ネットの情報で本当に幻想だったって事がばれてしまった。 わかい時に給料が安い
香具師は年を取っても安いままで、その上にXX歳には年収がいくら必要で、結婚・
子供が出来れば出費がいくらかかる、定年後の年金はいくらもらえるとかの現実だけ
が突きつけられる。 昔は40代後半くらいから実感として認識する情報を10代後
半ですでに与えられている、こんな状態で金がない余裕を考えられるわけがない。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時23分55秒
金がなくても愛があればなんとかなるさ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時25分31秒
だから独身者が増えるわけだな
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時26分28秒
「夢に向かって努力すればその夢は必ず実現するというのは『ウソ』である。全ての人が希望通りの職に就けることはあり得ない。『一生』大学教員になれない博士課程入学者は年に一万人ずつ、『一生』上場企業のホワイトカラーや技術職につけない大学卒業生は、多分、年に数万人ずつ、『一生』中小企業の正社員にさえなれない高校卒業生は、年10万人ずつ増えてゆく。これに呼応して、正社員と結婚するつもりだが、一生結婚できないフリーター女性は、年20万人ずつ発生していくのである。
いつかは受かるといって公務員試験を受け続けても、三十歳を過ぎれば年齢制限に引っかかる。どうせ正社員に雇ってくれないからと就職をあきらめ、単純作業のアルバイトをしていた高卒者は、仕事経験や能力が身に付かないまま、歳だけとり続ける。よい結婚相手に巡り会えないからと結婚を先延ばしにしていた女性は、四十過ぎれば見合いの口もかからなくなる。当の若者は、考えると暗くなるから考えない。若者自身が、不良債権と化すのだ。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時28分45秒
俺も俺も
まだ25なのに働く気力がまったくない
このまま働いてても一生安月給で独身のまま
もう人生って、生まれたときに決まってるんだな
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時37分35秒
転職すればいいじゃん
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年05月01日(日) 12時39分03秒
ろくな転職先がない上にもっといい職つく気なら
全国飛び回らないといけなくなるし
投稿者 メール
(゚Д゚) <