私の母の代わりに、あなたみたいな人が氏ねばよかったのに。
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年02月13日(日) 20時36分41秒
私の友達は、家の瓦礫の下に埋まった。逃げる途中、彼を見つけて
私は「すぐ助け呼ぶからな」と言った。学校に避難して、とりあえず
避難してきた生徒数名と、学校に来ていた先生を連れて、彼の所へ
戻った。必死に、みんなで瓦礫をどけた。「怖い」と、彼は言い続けた。
道を行く女の人が二人、「もうあかん。もう1時間で火が回ってくる。
逃げないと間に合わへん」と言った。彼にもそれが聞こえ、殆ど
狂ったように泣いていた。「大丈夫や、助けたるからな、大丈夫や」
と先生が励まし、みんな手から血が出るまで必死に瓦礫をどけた。
「先生、あと1時間で火が来るんやろ。あと何分なん」と、彼は
悟ったように何度も聞いた。「大丈夫や、あと50分ある。」と、
私たちは10分、20分と時間を誤魔化しながら彼を励ました。
でも結局、私たち中学生と一人の大人では、あまりに力が及ばず、
彼は火に巻かれて死んだ。「お父さん、お母さん、・・怖い」
と、言いながら。一生、その声は忘れない。

それでも、あなたは手を叩いて笑いますか。
それでも、あなたは全滅させたかったなどと言うのですか。

トイレは、避難場所の学校の男子便所には大便器が少なく、
女子トイレに男性達が便をして、女生徒達が泣きながらバケツへ
移し替え処理したこと。みんなで協力して生きたこと。
あなたは何も知らない。母や父を失った子供達の心、
あなたは何も知らない。あなたを100万回殺しても、
死んだ人たちは還ってこない。

あなたは人間じゃない。人間の心を持っていない。
私の母の代わりに、あなたみたいな人が氏ねばよかったのに。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年02月13日(日) 20時38分41秒
まさに黄金リレーだな
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年02月13日(日) 20時40分42秒
これにて笑点おひらき
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年02月13日(日) 20時40分50秒
過去ログでもあさってるのか?
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年02月13日(日) 20時43分01秒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%9A#.E7.A7.81.E3.81.AE.E5.8F.8B.E9.81.94.E3.81.AF.E7.93.A6.E7.A4.AB.E3.81.AE.E4.B8.8B.E3.81.AB.E5.9F.8B.E3.81.BE.E3.81.A3.E3.81.9F
投稿者 メール
(゚Д゚) <