カロビーオークション詐欺部
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時54分13秒
オークション詐欺は年々、管理体制が強化され減少しつつある。
誰もが安い分、騙されないようにするのは自己責任と肝に命じており、
非常に騙しにくい状況になりつつある。
しかし捕まったり商売にならなくなる程取り締まれるわけでもないし
注意しても詐欺られる人間は詐欺られる、要は要領よくすれば良いのである。
お互い楽に生活するために、オークションでアホを騙す方法を共有しましょう。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時54分53秒
1.狙うジャンルはアホが良い

基本的に、ホイホイ騙されるアホが多いジャンルが望ましい。

1 . アホの多いジャンル
2 . 告訴能力、社会能力の低い利用者のジャンル
3 . 責任能力が低い利用者のジャンル
4 . PC処理能力が低い利用者のジャンル

つまり、ターゲットは子供がベストである。
大人だといつまでもしつこく食い下がるし、コミュニケーションも上手で
妙なアンチ詐欺グループまで作ったりする。やっかいである。
そもそも判断量力やカンも鋭く非常に騙しにくい上に、
法的な知識や実行力も豊富で反撃能力も十分だ。
子供は疑うべき相手を信頼し、疑わないで良い信頼にたる人物を散々
疑った挙句キャンセルしたりし、判断力皆無だ。
コンスタンスな収入にするためには子供、そして高価なゲーム機本体がベストである。

もしくは、女性と女性の金持ちのジャンルだ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時55分18秒
1 . 甘い人物の多いジャンル
2 . 告訴、反撃しようとする気力の低い利用者のジャンル
3 . もともと潤っていて、騙されても問題の無い利用者のジャンル
4 . PCに弱い利用者のジャンル

つまり、もうひとつのターゲットは金持ちと女だ。
女は判断能力も低く欲や人情に踊らされて馬鹿な判断をしがちだ。
金持ち程、多少の損害は追及しない。
女性は男性に比べると精神的にも貧弱でとことん追求しようとするより
むしろ事件を忘れようとする。
ブランド品等の高価な取引材料も多く詐欺の効率は良い。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時55分38秒
お前普段どういう生活とかしてんの?
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時55分40秒
2 . 合法詐欺か違法詐欺か

1.の例だが、架空口座、貸し出し口座、ドラッグ、WAREZを売ると言っておいて
入金だけされて実際には売らない詐欺が頻発しているが、あれは上手でスマートな詐欺である。
逆にいえば、スタンダードすぎてもう引っかかるシノギが少ない。
何しろ、売っていないのだから著作権違反でも文書偽造でもない。
元々不正授受なので詐欺罪は一切成立しない。
違法な取引をしようとした時点でその購入者は犯罪者で、法は保護しないのだ。

1. 違法取引を持ちかけ、商品を送らない。(合法詐欺)

2. 異物を送る。(合法詐欺)

3. 住所や氏名を隠匿し詐欺する。(違法詐欺)

3. 住所や氏名を隠匿しないで詐欺する。(ほぼ合法詐欺)

5. 住所を転居(隠匿)しながら(違法詐欺)
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時56分01秒
2.の例だが、わざと異物を送るという方法である。これも大抵は「合法」となる。
少なくとも法権力は詐欺者を保護し守る頼りになる詐欺手段だ。
要するに、(出来るだけ高価なもの)を送ると言って置いて、何も入てない物を送るのだ。
その場合詐欺罪を立証するのは不可能となる。郵送した記録は郵便でも宅急でも全て残り
法的な証拠となる。しかし、中身に何が入ってたかは受け取った本人にしか解らないのである。
入ってないじゃないと言われても、受取人が抜いたのか本当に入ってなかったのかは誰にも
証明できない。異物や部品取りの故障品を購入し送る場合もこれと同上である。
見かけ上正常品なら、どこの時点で壊れたのかを証明する方法は無い。
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2005年01月12日(水) 03時56分16秒
3.は一番多い最もポピュラーな詐欺だ。
個人情報が隠されてる以上追求は困難な為、安心だが、しかし危険な詐欺でもある。
住所が虚偽の時点で詐欺である事が立証されてしまうからだ。即被害届も即受理される。
違法で警察権力に実力拘束される可能性を持つが、自宅や実生活には被害は来ない。(住所、氏名は明かしていない
4.の場合は逆だ。自宅に押し掛けられたり監視されたり名誉毀損の被害が直接来るが、警察権力はなかなか手が出せない。それが詐欺だったのか、計画失敗や事故等で仕入れれなくなったのか、
詐欺を計画していたと立証するのは、実住所、実名、商品名が真実の場合非常に困難なのだ。
まぁ、勿論あーだこーだ言って払わないわけなので、ネットで罵られるし(実際は名誉毀損なのだが)
実力で嫌がらせに来る人間も出てくる。
警察を相手にするか、名誉毀損ストーカーを相手にするかは判断次第である。

5.はビジネスホテルやウィークリーマンション等の住居を転々とする方法だ。
3と4の長所を持つため、詐欺手段としては比較的優秀なのではないだろうか。
8投稿者:1  投稿日:2005年01月12日(水) 04時13分39秒
2月1日 0:02 所轄警察署へ相談(通報)。
2月1日 9:00 地元所轄 所轄署へ出向き、被害状況を報告する。 M 刑事が応対。
これは、商取引の遅延・不履行の類だと被害届すらうけつけてくれず。
『このご時世、踏み倒しなんてよくあるよ。』と話し、民事で勝手に動くか

民事にしている範囲では安全げ。
投稿者 メール
(゚Д゚) <