毎晩夢を見る
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 02時54分09秒
昔の恋人が出てきたりまだ見ぬ子供がでてきたり。
そのたびに俺は悩んだり妻に別れを告げたり子供を守るために変質者を殺したり
もう八面六臂の大活躍さ。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時08分20秒
二度ほど他人の死に立ち会った事があります。
一人は自殺でした。
もうひとりは妊娠中絶薬を飲み過ぎて悶絶死しました。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時14分32秒
僕は死に往く彼女を見つめるだけでした。
不思議に静かな気持ちだったと思います。
「これで解放されるんだ」といった晴れやかな心境だったかもしれません。
その場を離れれば僕に嫌疑がかかる恐れもありませんでしたから穏やかに見ていられたのかもしれません。
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時17分30秒
葬儀のときに検死が終わった彼女の遺体が葬儀場の祭壇にあげられるのを僕はぼんやりと見ていました。
僕が彼女のかつての知り合いだと知っている彼女の両親は僕に遺体の顔を見せてくれました。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時20分35秒
僕が彼女の遺体を覗き込んだ刹那、彼女は眉根にしわを寄せました。
「きっ」という感じだったと思います。
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時22分27秒
僕は何事もなかったようにその場を離れ彼女の両親にありきたりなお悔やみの言葉をかけ
その斎場を後にしました。
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時24分42秒
もう一人の女の人は妊娠して人に言えず悩んでいました。
僕は「産めば?」という言葉と「おろしちゃえば?」という言葉を日替わりで投げかけていました。
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時26分13秒
その彼女は友達にもらった怪しげな中国(だったと思います)の薬を一度に何回分も飲みました。
僕の目の前で。
「もうどうなってもいい」と言いながら。
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時28分47秒
人間の舌はこんなに伸びるんだなあと思いながら僕は彼女が苦しむ様を見ていました。
普段、人の目を気にしていつも奇麗にしていた彼女からは想像できないそこには「動物」がいました。
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時30分27秒
彼女の足は絶叫の最中でなお美しく、ストッキングの伝線さえもエロティックでした。
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時32分37秒
彼女は最後におしっこを少し漏らして舌を出したまま死にました。
発見されたのはそれから3週間後だったと思います。
地方新聞にさえ出ない彼女の死はこうやって葬られました。
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月28日(木) 03時49分41秒
誰かにこの話をしたくて場所を探していました。ここで書き込めて心が落ち着いた気がします。
見ていただいた方、ありがとうございました。
投稿者 メール
(゚Д゚) <