海老沢会長の息子がNHKに入局したいきさつ
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時20分26秒
※プロデューサーの制作費着服から始まったNHKへの集中砲火。
 バッシングはいまだ衰えず、週刊誌を中心とした批判が続いている。
 そんな中でも面白かったのが、週刊現代の「NHKのカネとウラ」だ。
 同誌はこの中で、海老沢会長の二男・洋氏がNHKに勤務していることを
 皮肉たっぷりに伝えている。
※〈NHKの内定者を見渡すと東大、京大や早慶などの有名私大卒ばかりが
 目立つ中、洋氏は石巻専修大学を卒業後の93年にカメラマンとして入局している〉
 石巻専大は学校法人専修大学が89年、宮城県石巻市に開いた大学で、
 大手予備校の調べによると偏差値は40台前半。放送技術などを教える学科は特になく
 「東京のテレビ局に就職したのは過去に1人だけ」(大学広報部)だそうだ。
 この「1人」が洋氏を指すのは言うまでもない。
※テレビ関係者によればNHKの採用試験は公募制を採っているが、
 内実は“指定校制”で、無名校は書類選考の段階でハネられるという。
 ちなみに洋氏が入局した93年といえば、関連会社の社長として
 出向していた海老沢氏が専務理事としてNHKに“復活”した年だ。
 「洋氏を含めて海老沢氏には3人の子供がいます。最新の紳士録によると、
 長男は早大理工学部を出て東電勤務。長女も学習院大を出て東急文化村に
 勤めている。NHKに入ったのは地方大出の洋氏だけ」(事情通)
※入局の経緯について、周囲から疑いの目を向けられるのは当然だが、
 海老沢会長はかつて月刊誌のインタビューで息子のNHK勤務について
 聞かれると「どこの会社だってそうでしょう」と答えたという。
 「冗談じゃありません。今時、自分の子供をフリーパスで入社させるなんて、
 時代遅れのオーナー企業でしかあり得ない。まして、公共放送ではあってはならぬこと」(経営評論家)
※海老沢会長が局内に郷里・茨城の出身者だけを集めたグループをつくっていたのは有名な話。
 それに加えて、自分の息子までとなれば、“身内意識”もここに極まれりだ。
 http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story.html?q=23gendainet07115790&cat=30
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時25分25秒
貧乏人の妬みっておそろしいね
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時25分53秒
こういう話はよく聞くけど、
本当に息子が馬鹿だと親が恥をかくだけに終わる
電通か博報堂の社長の息子が、やっぱり同じようにコネ入社したけど
その人は半分知恵遅れみたいな人で大変だったみたい
社内をうろうろはいかいしたり、
気に入った女性社員の机の脇でじっと見つめたりしたらしい
週刊誌記者の知り合いが言ってた
結局記事に出来なかったそうだけど
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時25分59秒
^ _i ^
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時37分53秒
板がとまった
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 15時43分07秒
コネ入社も出来ない馬鹿はもっと困るな。EXこうは
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年10月23日(土) 17時33分50秒
俺も「偉いパパ」が欲しかった
投稿者 メール
(゚Д゚) <