渡辺淳一「セックスもしない冬ソナのどこが愛なの?」
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時27分35秒
渡辺淳一の枯れることのない恋愛感覚
セックスもしない「冬ソナ」のどこが愛なの

15日に出版された渡辺淳一さん(70)の最新作「幻覚」(中央公論新社刊、1680円)が売れている。
ヒロインは、なぞに包まれた美ぼうの精神科医。濃厚な性愛描写を交え、現代人の心の闇を鋭くえぐっていく。
260万部突破の「失楽園」など、男女の愛を描き、数々の傑作を生み出してきた現代文学の大御所が
「性や愛、そして女が一番、非論理で、ぼく自身もわからない。だからこそ小説で書いた」という、まさに幻を見ているかのような魅惑的な作品だ。

今春まで9か月間に及んだ読売新聞の朝刊連載を単行本化にあたって大幅加筆。
ずば抜けて美しいが、内面をまったく見せない女医・氷見子は鋭い精神分析で患者を癒やす反面、
家族問題に苦しむ、ある種の患者には過剰な薬物投与を施し、廃人寸前に。
自分に恋こがれる年下の看護士・健吾にあっけなく体を許すが、心だけは決して許さない。
謎めいた美女の心の裏には何があるのか。493ページの大作は、最大の謎「人間の深層心理」を巡り、
めまいがするようなミステリアスな展開を見せる。

「愛、セックスが一番、非論理でわからない。一筋縄で行かないからこそ書きたい。
男と女のセックスなんて何万組いてもやることは、女性の膣(ちつ)にペニスを挿入するだけで一緒だけど、
そこにある、ときめく快感と死ぬほどの嫌悪はなぜなのか。それが、ぼくの文学最大のテーマ」と言う。

「女は常に変ぼうするからチャーミング。今、この年になっても、つかみきれない。だから、書くんだよ。
文学は人間の中の論理で説明できないものを書くのだから」10月で71歳だが、次作ももちろん、恋愛小説。
現代小説の大御所は「『冬ソナ』なんて、セックスもしないで、何が愛なのか。熱い恋をしている人は見ないと思う」
ばっさりと切った上で「ぼくも男女の現代小説を書いているからには枯れないで(恋愛感覚を)持続したいんだ」笑顔で、そう言った。
(一部略)
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/sep/o20040920_110.htm
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時28分20秒
韓流熱風が吹き荒れてますね
またもや韓国の勝利です
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時29分10秒
セックスのない愛なんてクリ
4投稿者:渡辺淳一  投稿日:2004年09月21日(火) 12時30分03秒
ま、短小包茎だけどな
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時32分19秒
色ボケおやじめ
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時35分03秒
「愛、セックスが一番、非論理でわからない。一筋縄で行かないからこそ書きたい。
男と女のセックスなんて何万組いてもやることは、女性の膣(ちつ)にペニスを挿入するだけで一緒だけど、
そこにある、ときめく快感と死ぬほどの嫌悪はなぜなのか。それが、ぼくの文学最大のテーマ」と言う。
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時37分01秒
渡辺淳一は文学の中に入りますか
8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時41分52秒
カテゴリーとしては、エロ小説かと
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時42分00秒
入りません決して断じて
10投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年09月21日(火) 12時45分32秒
なんかこう語り過ぎの能書き先行型の男は
たいてい丸顔禿げ上がりチビ
投稿者 メール
(゚Д゚) <