一般にキュイジーヌと呼ばれる飯屋は
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時53分15秒
ヌーベルキュイジーヌと解釈していいの?
単なるフランス料理のレストランはキュイジーヌとは呼ばん?
2投稿者:(゚棒゚)  投稿日:2004年08月15日(日) 01時53分42秒
そもそもキュイジーヌてなんですか
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時54分04秒
料理、だっけ?
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時54分20秒
板前
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時55分37秒
キュイゼじゃないのか、しかもジュヴィアンの。シルブプレ?
6投稿者:(゚棒゚)  投稿日:2004年08月15日(日) 01時56分06秒
そういえば料理の鉄人でア・レ・キュイジーヌって言ってたな
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時57分22秒
ヌーベル・キュイジーヌ

--------------------------------------------------------------------------------

文字通り訳せば「新しい料理」の意であり、広義には、伝統的なフランス料理をより軽く仕上げていこうとする傾向を指す。この意味では、エスコフィエ以来、フェルナン・ポワン、ポール・ボキューズと続く今世紀に入ってのフランス料理の歴史はヌーベル・キュイジーヌの歴史であったとも言える。

ただ、一般にこの語が広く使われるのは、ゴー・ミヨーが60年代〜70年代にかけてのフランス料理の潮流を述べる用語として70年代初頭に提唱して以来であり(彼らが主催する月刊誌の73年10月号で特集して以来といわれる)、一時期、ポール・ボキューズ、トロワグロ、ミシェル・ゲラール、クロード・ペロ等が(本人達が何と思っていたかは別として)その旗手とみなされた。

80年代に入り、地方の独自性が反映されず、料理の画一化を招いているとの批判が強くなり、徐々にこの名称は使われなくなった。

日本では、軽めのフランス料理一般を指して、まだヌーベル・キュイジーヌという言い方をする場合があるが、現実にはフランスで現在自らの料理をヌーベル・キュイジーヌと称する料理人はおそらくいないだろう。

8投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時57分55秒
しかしオリエンタル・キュイジーヌの店とかもあるし
カリフォルニア・キュイジーヌとか
なんなのよ気取ってフランス語にしてるだけ?
それともフランス料理風にしてあるちゅこと?
9投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 01時58分41秒
気取ってるだけだと思う
10投稿者:(゚棒゚)  投稿日:2004年08月15日(日) 02時00分30秒
ヌーベルシノワとかはよく聞くかも
11投稿者:ぁゃιぃ  投稿日:2004年08月15日(日) 07時34分49秒
>カリフォルニア・キュイジーヌとか
なんなのよ気取ってフランス語にしてるだけ?



馬鹿だなあ(笑)
12投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年08月15日(日) 12時47分17秒
Today's TEME みたいなもんですかね
投稿者 メール
(゚Д゚) <