鈴木京香、映画「血と骨」で初の汚れ役
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 18時40分16秒
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-040315-0003.html
女優鈴木京香(35)が、ビートたけし(57)主演の映画「血と骨」(崔洋一監督、今秋公開予定)
のヒロイン役に決まった。作家梁石日(ヤン・ソギル)氏のベストセラー小説の映画化で、
京香は、たけし演じる主人公の妻役。原作ではセックスを強要されたり、壮絶な暴力を受ける
場面が随所に登場する。演技力に定評ある京香だが、これほどの汚れ役は初めてだ。

原作で京香の役柄は、凶暴な夫に対してひたすら耐え抜く女性として描かれている。
経営する飲食店に客として来た主人公に、店内でレイプされ、その後も何度もセックスを
強要される。恥辱と嫌悪を覚えつつ、強引に結婚もさせられる。

酔って帰宅しては髪の毛をつかまれ、部屋中を引き回され、激しい暴力を受ける。男児を
もうけるが、夫は子供にも容赦なく暴力をふるい、愛人も次々とつくって子供を産ませる。
狂気と暴力に満ちた男に人生を翻弄され続けるという設定だ。
2投稿者:まりぃ@  投稿日:2004年03月15日(月) 18時43分51秒
これで、家を飛び出した妻が若い男と駆け落ちしてその若い男を
夫が殺して逃げる、数年後にその妻の行方が気になってたずねてみると
すでに死んだその妻が歌っていたという歌が聞こえてくる
というのなら、まるでドイツ映画ですね。道。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 18時45分09秒
セックスシーンで後ろからやりながら肛門に指突っ込むんだ
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 18時55分19秒
わくわく
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 18時56分40秒
主人公を最後まで見捨てずに世話してたおっさんは誰がやるんだろうな
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 19時35分06秒
どうせ大杉漣かダンカン
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2004年03月15日(月) 19時38分56秒
崔洋一監督、ビートたけし主演、つったら殆どのキャストは読めるかんじ
ヒロインだけ外の人
投稿者 メール
(゚Д゚) <