インド裏表108手
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年11月29日(土) 12時42分04秒
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/1723/contents/uraomote01_10.html
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年11月29日(土) 13時42分44秒
ガンジーは幼いころ、愛くるしい顔をしていたため、近所の不良達の慰み者にされていた。
不良達は、嫌がる彼を無理やり押し倒し、代わる代わる犯したのだった。
ガンジーは警察官に訴えたが、その場で警察官にも犯されてしまった。
警察が当てにならない事に気付いた彼は、自分の力で何とかしようと試みた。

彼は力が弱く、不良達に勝つためには武器が必要であった。
彼は木の枝を武器に彼は不良達に立ち向かったが返り討ちに会い、木の枝をお尻に刺されてしまう。

不良に逆らっても無駄だと感じた彼は、抵抗するのを諦めて不良のされるがままにした。
嫌がりもせず、抵抗もせず、マグロとなったのだ。
すると、不良達は「つまらん奴だ」と言って去っていった。
それ以来、彼は二度と不良達に(二つの意味で)からまれることはなかった。

無抵抗運動がガンジーの幼いころの記憶をヒントに考え出されたことはあまり知られていない。
投稿者 メール
(゚Д゚) <