俳人:小林一茶
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時28分18秒
「ふるさとの なまり懐かし 停車場の 人ごみの中に そを聞きに行く」
江戸後期の俳人。本名、信之。信濃柏原の人。俳諧行脚の生活を送ったが、晩年は故郷に帰り、俳諧宗匠となった。作風は俗語を駆使したもので、日常の生活感情を平明に標記している。 彼の人生は波乱に満ちたものであり、その激動に漂白する
なかで、ある種の達観を得ているとも言われる。
彼は明治維新後もパンツをはかなかったと言われ、後にノーパン一茶と呼ばれる。
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時29分59秒
コピペ改行失敗してますよ
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時31分27秒
してますね
4投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時31分56秒
1は廃人
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時32分56秒
もう一回やりなおしてもいいかな?
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時34分32秒
荒らし予告だ
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年10月18日(土) 16時35分07秒
残念だよ
投稿者 メール
(゚Д゚) <