加藤晴彦って
1投稿者:嫉妬君  投稿日:2003年09月16日(火) 08時41分31秒
なんで人気あるの?
2投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年09月16日(火) 08時42分00秒
ガンダム声優だから
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年09月16日(火) 08時42分13秒
名古屋人だぎゃー
4投稿者:声優としては50点かもしれないが  投稿日:2003年09月16日(火) 08時50分09秒
◆加藤晴彦、声優に初挑戦/「ガンダム−」のパイロット役◆
名古屋出身の人気俳優・加藤晴彦(25)が、名古屋テレビ制作=テレビ
朝日系アニメ「ガンダム誕生20周年スペシャル G−SAVIOUR
(ジー・セイバー)」(12月29日午後4時放送)で声優に初挑戦した。

舞台は近未来「宇宙世紀223年」の地球。加藤が吹き替えに挑んだのは、
元地球軍議会軍モビルスーツパイロットのマーク役で、地球環境の致命的
悪化を食い止めるため、新型のモビルスールを着て、悪者と戦う。加藤は
初めての経験に「声だけで伝えることがこんなに難しいとは…。映像に合
わせて芝居している自分に気づいて、すごく恥ずかしかった。自分として
は、新たな引き出しができたと思う」と振り返った。

「機動戦士ガンダム」は一九七九年、名古屋テレビから全国ネットしてい
たロボットアニメで、ストーリー展開や玩具(がんぐ)との連動がそれま
でのアニメと一線を画し、大ブームを巻き起こした。今回、生誕二十周年
を記念して、制作会社サンライズがハリウッドのCG技術とカナダを中心
としたロケを行い、日米共同で実写版を制作した。

日本語版制作にあたって「ナイトヘッド」「アナザヘブン」などで人気の
高い映像作家・飯田譲治氏(41)が演出。加藤の起用について「役者と
して彼を高く評価しているので…。声優としては五十点かもしれないが、
消化試合ではなく、今までの吹き替えのイメージを変える内容になったと
思う」と自信たっぷり。
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年09月16日(火) 09時09分46秒
乱交上手だから
投稿者 メール
(゚Д゚) <