どうしようもなく怖い話
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年08月22日(金) 03時54分59秒
その日は夏休みで両親は旅行、妹は友達と出かけていて
家には俺一人だけだった。
午前2時ごろ、ゲームをやりすぎて目も痛いしさすがに眠くなったので
寝る前に風呂に入ろうと思った。
風呂場の椅子に腰掛け、下を向いて髪を洗っていた。

背筋が寒い…夏とはいえ今年は涼しすぎるためか?
連日夜中までゲームをやっていたから、風邪気味だったのかも知れない。
そこそこ暖かい風呂場なのに、ぞくっときた…

次の瞬間、ふと見ると右側の太ももの上に大量の血が!!!!!!
もちろん俺はどこも怪我などしていない…
あわてて血を払いのけたが傷もないところから次から次へと沸いてくる!
すっかり慌てふためき、叫びながら脱衣所に転がり出た。
洗面所の鏡を見るとそこには…
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
鼻血をたらした間抜けな俺の顔が映っていた。
2投稿者:双子萌え  投稿日:2003年08月22日(金) 03時56分43秒
エロゲで鼻血ぶー(´ii`)
投稿者 メール
(゚Д゚) <