天国の息子から19年前の手紙、母の元に…米・フロリダ
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月14日(月) 08時37分12秒
http://www.asahi.com/international/update/0714/001.html

5年前にバイク事故で亡くなった息子の命日に合わせるように、息子が19年前に
手紙を入れて海に流した瓶が親の元に届く−−。

映画さながらの出来事がメキシコ湾に面する米フロリダ州西部のセントピーターズ
バーグ市周辺で起こり、住民を驚かせている。AP通信などによると、手紙の主は
オハイオ州出身のロジャー・クレイさん。98年7月10日、21歳の誕生日直後に
亡くなった。手紙は7歳だった84年、休暇で訪れた同市近郊の町から清涼飲料水の
瓶に入れてメキシコ湾に流した。

同市近くに住む男性が自宅裏の運河で瓶を拾ったのは今月4日。中の紙に「これを
拾った方は手紙をください」と書いてあった。新聞社の助けでロジャーさんがすでに
亡くなったことを知り、同市近くに休暇で来ていたロジャーさんの母親の居場所を
突き止めて数日後に手渡した。

母親のリサさんは「毎年この時期は悲しみに沈み、息子の死から逃れようとこの地を
訪れた。そうしたら、息子が贈り物をくれた」と感涙にむせんだ。息子と同名の父
ロジャーさんも「息子が、今も私たちとともにあることを思い出させようとしたんだ」
と喜んだ。
2投稿者:剣菱  投稿日:2003年07月14日(月) 11時06分08秒
いい話だけど虚しい。
3投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月14日(月) 12時00分44秒
井筒監督に映画化してもらいたい
4投稿者:タキタロウ  投稿日:2003年07月14日(月) 12時04分02秒
のっぺりした映画になりそうだ
5投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月14日(月) 12時31分54秒
生きてる間にこんなのが戻ってきたらどうしよう
6投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月14日(月) 13時10分03秒
別人格が書いたので知りません
7投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月14日(月) 14時30分28秒
深作欣二に映画化してもらいたかった
8投稿者: 投稿日:2003年07月14日(月) 14時37分18秒
三池崇史監督でゾンビとなって帰ってきた息子と両親のバトルを
投稿者 メール
(゚Д゚) <