糞タイム突入
1投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 17時18分03秒
 
2投稿者:ちんぷる  投稿日:2003年07月05日(土) 17時19分06秒
書き込むスレッドがないよー
3投稿者:かるちう  投稿日:2003年07月05日(土) 17時20分20秒 ID:VD8c/19A
>>2
映画見ようよ
4投稿者:ちんぷる  投稿日:2003年07月05日(土) 17時30分38秒
>>3
コーカサスの虜、観ましたよー
5投稿者:かるちう  投稿日:2003年07月05日(土) 17時31分18秒 ID:VD8c/19A
どんなもんですか
6投稿者:ちんぷる  投稿日:2003年07月05日(土) 17時33分57秒
なんというか今までのアメリカ・西欧産の映画とはまったく違う感じ。
音楽が良いね。最初は違和感ありまくりだけと慣れるとはまる。
ジーナ可愛い。
7投稿者:かるちう  投稿日:2003年07月05日(土) 17時38分23秒 ID:VD8c/19A
半分ドキュメンタリーみたいなもんだからな、あれは
チェチェンの隣の国、ダゲスタンで撮影したんだよ
実際に素人の民間人使って
ギャラが安いので誘拐されそうになったこともあったんだって

音楽は最初の「青いスカーフの君」(歌詞もすばらしい)とか、
サーシャが歌いながら泣く「スラブの別れ」、
んで最後にかかる曲名分からないクラシックの曲が素晴らしいかと

ためらいもなく誰かのために命棄てる人たちの映画なんだよな、あれ
8投稿者:ちんぷる  投稿日:2003年07月05日(土) 17時41分43秒
>実際に素人の民間人使って

なるほど。
観た後のあのジワジワとくる感じが良いね。
9投稿者:かるちう  投稿日:2003年07月05日(土) 17時45分51秒 ID:VD8c/19A
最後の終わり方、あの4機のヘリとモノローグがなんとも言えないね
「大好きだったみんなに、せめて夢で会いたいのだが、彼らは訪れない」

もちろんあの女の子も素人
地元の小学校訪れてスカウトしたんだと
10投稿者:ちんぷる  投稿日:2003年07月05日(土) 17時50分06秒
トルストイの「コーカサスの捕虜」を現代のチェチェンに置き換えた、って聞いたんだけど。

ラストシーンは切なかった。映像の詩的表現?みたいな
11投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 17時53分17秒
http://namihei.zone.ne.jp/cgi-bin/bbs/test/read.cgi?bbs=dog&key=025234900&st=237&to=237&nofirst=true
12投稿者:かるちう  投稿日:2003年07月05日(土) 17時54分22秒 ID:VD8c/19A
>>10
ヘリ追いかけて、叫びながらよろめくのはリアルでよかった
無力さを感じて

そう、小説の方はハッピーエンドらしいよ
ワーニャとジーナが結ばれるんかねえ?

ちなみにワーニャ役の青年も普通の院生で素人だったんだよ
セルゲイ・ボドロフJrでボドロフ監督の息子
いまやロシアで一番人気のある俳優に(ルックスいまいちなのにな)
13投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時01分48秒
ラストにでてくる四機のロシアヘリコプターがすごくかっこよかったです
14投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時03分08秒
チェチェンの首切り動画見たくなった
15投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時05分55秒
http://nun.nu/?http://ime.nu/b-station.sytes.net/jikosekinin/data/cap017a.mpg
16投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時07分11秒
九月二〇日夜、北オセチア共和国で起きた氷河崩壊のニュースは、ロシア映画の好きな方にとって、きっと大きな衝撃だったのではないだろうか。というのも、氷河崩壊で行方不明となった百余名の中に、現地で映画のロケ中だったセルゲイ・ボドロフ・ジュニアと撮影班が含まれていたからである。現場は一つの集落が丸ごと土石流で覆われ、その高さは百メートルにも達していた。救出作業は難航を極め、十月に入ると、生存者救出の可能性は無いと報じられるようになった
17投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時09分28秒
>>12
死んでんじゃん
18投稿者:ヾ(゚д゚)ノ゛バカー  投稿日:2003年07月05日(土) 18時30分25秒
12、マサ爨、ヌマヘ、モ、
投稿者 メール
(゚Д゚) <